サメ映画新機軸「アイス・ジョーズ」レビュー




最初に言っとくけどこれカテゴリーはホラーだから。平八です。

 

ケーブルテレビで何故か近い時期に前から気になってた映画が二本放映されたので、ワクワクが止まらず録画してしまいました。

 

ちなみに両方ともサメ映画です。

 

なんなのそれ、サメのウェーブが来てるの?

 

もう一本はシャークネード2なので近々レビューしますが今夜は純白のゲレンデを真紅に染める、「アイス・ジョーズ」です。

 

原題は「Avalanche Sharks」、2013年カナダ製作。

 

直訳すれば雪崩鮫とでも言うのでしょうか。

 

ちなみにAmazonのあらすじではスノーシャークとも呼ばれており、こっちだったら白雪鮫だったなとかとりとめもないことを考えました。

 

以下、映画の内容ネタバレを含みますのでご注意下さい。

 

チャレンジ精神は買い

 

春も近い平和なゲレンデでウィンタースポーツに興じる人々を突如恐怖に陥れるサメの群れ。

 

誰だこれ考えた奴。

 

いや、確かにもはや海辺でサメに襲われるなど当たり前すぎて目の肥えた観客には意外性がない、のひと言で切り捨てられてしまうでしょう。

 

むしろ彼らをここまで追い詰めてしまった我々にも問題があるのかも知れません。

 

とは言え雪なんてそんな数十メートルも積もるわけないんだからそこんところどうすんのよと期せずして物語に引き込まれるのですが、そこは抜かりありません。

 

なんと本作のサメは遥か昔土地を追われた人々の怨念が形をなしたものなので実体がなく、水深がなくても普通に泳いでくるのです。

 

なんか嘘をついたらそれを繕うために次の嘘をつくのに似てますね。

 

実体がないからこちらの攻撃は全く通用しないけど、向こうの顎は必殺武器で人間をバズバズ喰っていくひどい仕様です。

 

雪原から背ビレだけ出して迫ってくる視覚的なアイデアは面白かったです。

 

 

力技で魅せるサービスショット

 

雪山が舞台なんですけど初っ端から家の中でビキニを着てる人とか、いくら春先とはいえ露出の高い衣装でゲレンデに繰り出すお姉ちゃんとか出てきます。

 

役者さんも大変です。

 

しかしスタッフはなおも視聴者にサービスを提供します。

 

雪山に設置されたジャグジーで酒盛りをする美女3人という不自然なサービスを。

 

しかも一回こっきりではなくストーリが進む合間合間にジャグジーカットが挟まれるため、「いったいいつまで風呂に浸かってるんだ」と疑念が生まれます。

 

5回は流石にやりすぎだと思う。

 

しかもジャグジー三人娘がその後の展開に何か関係あるかと思えば風呂に入ったまま喰われるし結局何だったんだあれという気分はぬぐえません。

 

 

常識を覆す最終局面

 

何がすごいってずっとフォーカスされてた主人公チームがなすすべなく翻弄されてる間に、別行動してた特に面識のない人が解決するっていう斬新なオチ。

 

今作の鮫は封印を解かれた邪神のようなものなので、再び封印すれば丸く収まるというのは一見一理あるようには思えるのですが主人公サイドが一切その真実に近づけないまま終わるってのは消化不良もいいとこでした。

 

しかも封印を施す人の手際が悪くてちょっとイライラするし。

 

設定上かつてサメを封印したシャーマンの末裔だろうとは思うのですが、実は婦人会の当番の人だったのかも知れない。

 

結局最後の最後でまた封印が壊れてサメ復活するし。

 

もっと頑丈に作ってくれよ。

 

まとめ

 

雪山を舞台にしてサメパニック映画の可能性を拡げたのはすごいと思いました。

 

それが良いことなのか悪いことなのかは置いておいて。

 

こういうチャレンジ精神がいずれ業界を発展させていくのかも知れませんね。

 

まあ夜中の会議で出たアイデアにその場のノリでゴーサインが出たんじゃないかと私は思いますけど。

 

 

Follow me!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です