アラフォー肉体改造計画草案(9月発案)




肥満の生きづらさを思わぬ形で知った平八です。

 

過去記事:アラフォーデブが自分の贅肉に痛めつけられた話

 

あのような事態に陥って思うのは、当方の減量は急務であること。

 

椅子と机に挟まれて1時間以上も過ごさないといけないのは苦痛以外の何物でもないこと。

 

今のままだと何かの隙間を通り抜けようとしてそこに挟まってしまうという漫画のようなことが起こり得ること。

 

しかし、私は急激なダイエットに手を染めるにはトウが立ち、日頃の運動不足がたたりまくっているのが現状です。

 

そこで今後は40代のダイエットということを念頭に置き、無理をしすぎることはない管理運営を目指したいと思います。

 

大盛り禁止令

 

元凶はこれじゃねえのかって思われたかも知れません。

 

私もそう思います。

 

振り返れば机に挟まれて失神しそうになったのも当日朝から牛丼大盛りを腹に入れたのが一因とも考えられます。

 

常々私は人間とは加齢による自身の衰えを認識しづらい生き物であると考えております。

 

でなければチャリに乗ったおばちゃん達がそのまま足でライトのスイッチを入れようとするなど無謀なことをするはずがないのです。

 

いや若くても危険ですけどねアレ。

 

昔それをやろうとして前輪のスポークに靴を挟まれて一回転したことありますから。

 

 

さておき、私も自分を過信しすぎていたというかもうそんなに食べてはいけない年齢なのにムッシャムッシャといってたこの習慣を改めたいと思います。

 

ただいきなり量を減らし過ぎると1ヶ月くらいで続かなくなるのは今までのリバウンド歴から明らかですので徐々に減らすという意味で今月はまず大盛り禁止。

 

それ以外にも

 

・夕食の炭水化物減量(肉か野菜で補う)

・21時以降の食事は水以外禁止

・間食に菓子類禁止

・1週間に一度は休息日を設ける

 

と言ったルールを決めます。

 

休息日と言うのはその日は今までの食事をしても良い、息抜きのような日と定義します。

 

しばらく続けてみて効果が見込めない場合は休息日も撤廃します。

 

 

ウォーキング1日一万歩

 

以外と今スマホのヘルスケアアプリを見てると毎日9千歩くらいは歩いてました。

 

しかし休日になると出不精というかガタ落ちします。

 

ここらにテコ入れし、全体的に一万歩を目指します。

 

 

ライトな筋トレとプロテイン摂取

 

 

特に何のケアもしなければ、人間加齢とともに体力筋力は衰えます。

 

特に筋力が衰え、体の代謝が低下するとカロリーを消費しづらくなり、結果若い頃より痩せにくい体になっていきます。

 

頭では分かっていることですが今まで実感できていなかったと反省せざるを得ません。

 

思うさま食って消費しきれなければそりゃ太るわという感じですが、今後はここにもメスを入れていきたいと思います。

 

というわけでさっそくザバスのプロテインを購入しました。

 

ダイエット効果があるというヨーグルト味です。

 

プロテインも他に何種類かあったのですが、「ダイエット」の文字につられてこちらをチョイス。

 

ダイエットビジネスのいいお客さんですね。

 

あと、筋トレと言いましたが手始めに考えているのは

 

スクワット × 10回

腕立て伏せ × 10回

腹筋    × 10回

 

のメニューです。

 

ちょっと負荷ゆるくねえ? というお叱りが聞こえてきそうですね。

 

自慢じゃありませんが私、体重だけならジョナサン・ジョースターとタメを張ります。

 

しかし上背が絶望的に足りてないのと特に筋肉質でもないので奇妙な冒険は始まりませんでした。

 

そんなオーバーウェイトを抱えた上で激しい運動は危険すぎるため、今月は慣らしの期間としました。

 

いけそうだ、と判断したら徐々にメニューを増やしていこうと思います。

 

 

焦らず、しかし速やかに

 

 

今までの華麗なリバウンド歴から、最初に勢いつけて減らしすぎると戻るのも早い、というか「こんだけ減ったんだからちょっとくらいいいだろう」という気の緩みが綻びとなって何度か失敗してます。

 

また人体の特性としてあまりに急激な変化が起こる(ここでは減量)と生命の危機を感じて体が節約モードに移行し体重が落ちにくくなるそうです。

 

よって早くスリムになる必要には迫られているのですが、ここはじっくり一本取ろうという気持ちでいます。

 

 

また自分に活を入れるために定期的にブログ上で報告します。お楽しみに!

 

 

Follow me!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です