がんばれ河本先生「装甲娘」コミック版レビュー




ダンボール戦機は詳しくないです、平八です。

 

今夜はダンボール戦機のスピンオフゲーム「装甲娘」のコミカライズ版のレビューです。

 

元々はゲーム企画と連動してた

 

正直この企画がスタートした頃の私の認識は「ほうあのダンボール戦機が美少女化ですか。色々仕掛けますな」と記憶の隅にとどめておく程度でした。

 

ダンボール戦機は観てなかったのでごく基本的な情報しか知らないし、あまりそそられるものがなかったんですね。

 

装甲娘を意識するようになったのはコロコロアニキ誌上で河本ひろし先生の手になるコミカライズが始まった2018年春号。

 

河本先生には作品で色々とお世話になったのでコミカライズも読むようになっていました。

 

そうこうしているうちに段々と「あれっ」と思うような出来事が起こります。

 

時系列でマンガのストーリーと現実の流れを記載すると、こう。

 

 

2017年12月15日:コロコロアニキ冬号にて「装甲娘」特集記事が組まれる。事前登録受付の情報も。

2018年 1月30日:「装甲娘」、PCゲーム版サービス開始

2018年 3月15日:コロコロアニキ春号にて「装甲娘」連載開始。当時のアオリ文は

「アニキいち推し!!DMM GAMESで配信中の「装甲娘」が史上初のコミカライズ!!」

コロコロアニキ2018年春号66ページより引用

メインキャラのカリナ、ソフィア、マココのキャラ紹介と世界観、設定の解説とサービスシーンをふんだんに盛り込んだ。

2018年 6月15日:コロコロアニキ夏号にて「装甲娘」第二話掲載。クノイチ・ケイ初登場。見開き2ページにわたってパンモロというえげつないサービスシーンがある。この時既にゲーム版が休止に入る情報が伝わっていたようで、最後のページに告知がある。

2018年 6月19日:ゲーム版「装甲娘」、長期メンテナンスに突入。

2018年 9月15日:コロコロアニキ秋号にて「装甲娘」第三話掲載。三話目にして温泉回。どえらいサービスシーンがある。ゲーム版メンテナンスにつきコミック版も終了…と思わせて続行宣言。

2018年12月15日:コロコロアニキ冬号にて「装甲娘」第四話掲載。まさかの温泉回後編。温泉卓球に興じる娘達のサービスシーンがある。扉絵で2019年夏、ゲーム版リブートと事前登録受付中の告知あり。ラストのアオリ、「次号、激衝撃の新展開が――!?」は伏線。

2019年 3月15日:今までのことはなかったことにしてください。 ← 今ココ!!

 

河本先生マジかよ。

 

2018年の先生の苦悩を想う

 

先ほどのまとめの通り、コロコロアニキって季刊誌なので年4回しか刊行されないんですよ。

 

で、2018年は秋と冬が温泉回。

 

2018年掲載話数のうち半分がサービス回。

 

こう書くと一体どういう状況なんだと思ってしまいますね。

 

ゲームの方が止まってしまっているので、いかにコミカライズが別物とはいえストーリーらしきものを展開するわけには行かないという河本先生の苦しみが伝わってくるようです。

 

で、本当に不謹慎な言い方で申し訳ないのですがその姿を想像しながら読むと実に味わい深い。

 

美少女達が奮闘していると同時に作家先生も奮闘なさっておられるのです。

 

あと、今回の記事を書くために去年分のコロコロアニキを読み返してたんですけど河本先生の描く女の子のお腹のラインは絶品だという情報だけは添えさせて頂きます。

 

 

2019年春、激衝撃の展開

 

さて、2019年3月現在さり気なく二年目を迎えた本作ですが、年表の通りです。

 

今年の夏に再起動するゲーム版に合わせて漫画版もリブートですって。

 

漫☆画太郎先生以来だよこんなの見たの。

 

最終回というかリセットボタンですよこれ。

 

で、多分作家は河本先生が続投っぽいのでどんだけ負荷かけてんだと一度聞いてみたい。

 

ところで今回出てきた新キャラ・ハンター ミナセリノは2018年冬号(2017年12月刊行)の特集時にいたのでゲーム的には新顔というわけではないようです。

 

しかしまた思い切ったことを…

 

ここまで河本先生を酷使するのであれば、「装甲娘」は是非とも単行本にしてもらわないとスジが通らないのではないでしょうか。

 

話数が足りないならゲーム版の設定資料集とか付けて水増ししてムック本で出せばいいんですよ。(暴論)

 

 

彼女達の戦いは、続く

 

とりあえず今月号はアンケートハガキ出そうと思います。

 

なんか河本先生ものすごく気にしてらしたので。

 

しかしアンケートハガキをちゃんと見るのって初めてなんですが「つまらないもの」を書く欄もあるんですね。

 

あとはバンバンドリドリと高橋名人と…

 

ちょっと書きづらいな…

 

あと、一応アプリの事前登録もしておきました。

 

今年の夏が待ち遠しい

 

がんばれ、装甲娘と河本先生。

 

Follow me!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です