Moo.念平原画展「むーねん祭」訪問手記

あまいぞ!男吾世代の元コロコロキッズです、平八です。

行って来ましたMoo.念平先生原画展「むーねん祭」

当日の状況などの手記です。

 

情報:
開催場所:マンガナイトBOOKS
     (〒112-0003 東京都文京区春日2-14-9 SPICE 1階)

開催期間:2020年2月14日(金)~2月29日(土)
※日曜、月曜、祝日は休業

開場時間:14:30~19:00

入場料金:無料

 

ビル街の一角に沸く熱気

 

大通りに面していたのですぐ分かりました。

 

私が現地を訪問できたのは土曜だったのでタイミングの問題もあったんですけど入場するまでに40分かかりました。

会場のマンガナイトに到着した時は既に「何これ流行りのラーメン屋?」ってぐらいの行列になってたので心の弱い私は「帰ろうかな…」とちょっと思いましたね。

路地に入る頃になるとガラス張りの店内の様子が見えるようになり、展示物も割と外から見られますので並びながら予習が出来ます。

そうこうしているうちに入れ替わりで中へ。

展示会場のマンガナイトBOOKS自体がカフェ兼展示場という趣で、コーヒーのいい匂いが鼻腔をくすぐる中念平先生の原画を拝見します。

中でも印象に残ったのは「うわっなっつかし」と私の記憶を唐突に掘り起こしてくれた「おてんば転校生」の原画。

1984年コロコロ掲載の読み切り。

「36年前…?ウソだろ…?」と思いましたけど先生が大学在学中の20歳に描かれたとのことなので計算は合ってそうです。

えーもうそんなになるんだ…と軽いめまいに襲われながらも当時の記憶が鮮やかによみがえってくるようで、不思議な感覚を味わいました。

お高くとまった転校生のヒロインに主人公が反発し、二人が決闘して和解して…という王道青春もの展開はずっと覚えてましたね。

というか現地で購入した「あまいぞ!男吾資料集」でも書かれているように男吾のパイロット版とでも言うべき作品でした。

主人公の名前も「祭 大吾」でここから膨らませていったのかなと想像します。

他にも男吾の原画や近年の作品と思われる高知のご当地アイドル漫画など、私が児童誌を読まなくなった後も先生は精力的に活動されていたことが伺い知れます。

 

Moo.念平先生在廊につき、プチサイン会状態

 

タイミングが良かったというか、昼間から先生が在廊されていたため、複製原画にサイン頂いてきました。

当日先生がいらしたのは窓側で、原画は反対側に展示されていたので原画を拝見しながらも「うわー先生後ろにおるやんけ…」と緊張しました。

会場で販売されていた複製原画を購入するとサービスで先生が原画にサインを書いて下さるというシステムで、背中越しに聞こえる先生とファンの談笑。

とりあえず私も複製原画といくつかの冊子を購入し、列に並びます。

少年時代の人格形成に大きな影響を及ぼした作家が目の前にいる、と思うとガッチガチです。

自分の番が来た時緊張しすぎてあまいよ!男吾読んでました」と名前を噛んでしまうほどに。

「やっちまった」とアタフタして言い直しましたが、先生は気にする様子もなくニコニコと微笑んで下さいました。

そして自分が差し出した複製原画のどこに書いてほしいかを聞いてくれ、書いてる最中も色々と話しかけてもらいます。

男吾ファンだということを伝えたからか男吾の裏話や設定、こだわりなどを楽しそうに語り、私はただ頷いて聞いていました。

そしてこれからも児童漫画を描きたいと力強いお言葉。

とても感動して、私も何か言いたい伝えたいと思ったのですが「頑張ってください」のひとことが本当に蚊の泣くような声になってしまいました。

けど先生はニコニコなさっておられた。

きっとこれからも大好きな児童漫画を描くことを続けていかれるのだろうなと思うと私の心も高揚します。

ただ、当日の先生の名札が異様にデカかったので、そこは気になりました。

 

意外なつながり

 

会場に「ゴッドサイダー」でおなじみ巻来功士先生の色紙が展示されていたんですよ。

「うわー!」って言いそうになった。

まさか交流があるとは思ってもなかったから。

確かに巻来先生の著書「連載終了!」でコロコロコミック編集部に行ったことがある、という記述がありましたがこんなところに縁が結ばれているとは。

 

本当は写真も撮りたかったのですが、作品の撮影は禁止されていたので無念。

自分の好きな作家同士に交友があると思うとなんか訳もなく嬉しくなりますね。

 

念平先生、お体ご自愛下さい

 

 

複製原画以外にもこちらの冊子を購入。

 

どちらも読みごたえがありました。

「あまいぞ!男吾資料集」は今までに出ていたVol.一~三の総集編にカラーページを加え、各キャラ資料やネームが大量に掲載されて興奮ものの一冊でした。

「少年ムーネン」は新作と昔秋葉原で無料配布された雑誌に描いた作品の再録で、先生の漫画観というか子供達へ伝えたいことがこれでもかと練り込まれています。

実際にお会いして創作へのエネルギッシュな姿に感動しましたが、これからもアツく愉快な児童漫画を読ませてもらえればと願ってやみません。

Follow me!

4 件のコメント

  • 最近、トラウマコミック版、全3巻を読みました。私はコロコロコミックの連載開始から1年間しか読んでおらず(その後、週刊少年ジャンプへ)、92年まで続いたのは知りませんでした。

    九州産業大学の出身者が、巻来功士の他に、北条司、長渕剛がいるので、中学生編は各話にヒロイン(新聞部のねずみこと和美)を置いたギリギリ児童版シティハンターだと思いました。(ギリギリ児童版)長渕剛と志保美悦子にも重なると思います。あと、唯一ヒロインが登場しないアゴマキ先生は、かぼちゃワインのアゴが特徴の先生から取ったのでは思うほどだったり、巻末の団吾の走る絵がが諸星あたるかと思ったり。この漫画、80年代前半までのマガジンやサンデーに載っていても違和感ないと思いました。

    あと、ツッコミ所ですが、小学生編最後のケンカ相手の運動部員が地元でランニングしているので、家の近くに中学校があるのではないか? 中学生編最後で、交流先の学校に電車で来たのに、帰りは走って(下着姿のまま)など。

    • こんばんは。漫画はその時代の空気を反映することがありますので同じ時代に展開された作品は似てくることがあるかも知れませんね。
      私もトラウマコミック版を持ってましたが今は手放してしまったので後悔してます。

  • 2014年11月の、漫画家30周年の時は、翌日昼の4次会まで続く盛況だったようです。
    https://togetter.com/li/749424

    サービス精神旺盛、九州産業大学出身の漫画家。写真を見ると、トラウマ版3巻終わりの、男吾のおばあちゃんの亡くなった旦那さんに、ソックリに見えます。

    Youtube を検索すると、喋るお姿がありました。内容は、自分が漫画を書かないせいか、説明不足という気がして、よく分かりませんでしたが。
    https://youtu.be/-HoIPnsD1xc

    のむらしんぼの漫画によると、中学2年の時にコロコロが創刊されて、ドラえもんのファンだった作者は喜んだらしいですが・・・私が中学2年の時は藤子不二雄を終わって、こち亀(コミック40巻くらいまでの時代)などに行っていました。時代や地方で、そういう好みが珍しくなかったのでしょうかね。あと、こち亀とギャグが似ていたり。「あんな所に、●○が・・・」と油断させる、バナナの皮で滑ったような古典的ギャグ。

    私は90年代のエヴァンゲリオン分からず(OPが映画石坂版金田一から取った構成くらいしか分からず)、たまたま無料券で見た「劇場版Q」はなおさら。最近の漫画も見ないので分かりませんが。男吾を見ると、ショーケンの「傷だらけの天使」のハッピーエンド版かなとか、色々と連想したりします。疑問が、小学生版最初の方で、「ロミオとジュリエット」をお姫が映画を見て学芸会でやる・・・というのが、1986年当時、映画館でやっていないようなのですね。布施明の元妻だったオリビア・ハッセーの1968年版映画から、多分著者はヒントを得て描いたのだと思いますが。

    検索すると、男吾の後に徳間書店の雑誌から、男吾と似た漫画「紋次郎が行く」を描いていたのですね。

    ついつい、思うままに(他にも書けそうですが)書いてしまいました。会場レビューありがとうございます。

    • こんばんは。
      お返事が遅くなり失礼しました。

      色々と情報を有り難うございます。
      ここ最近ふしぎコミックスで過去の短編集(山奥妖怪小学校、太陽犬ゼロ)などを読み返していますが
      Moo先生の人柄がそのまま作品に出ているような気持ちにさせられます。
      私としては作者の人となりを感じるような作品がとても好きですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です